お香

こんにちは、お坊さんブロガーのへんも(@henmority)です。

お香は仏教の伝来と共に日本に伝わりました。

西暦595年には淡路島に香木が流れ着いたことが日本書紀に記されていて、当時の人はその香木の香りに驚いたということが書かれています。

神仏に参るときに使われることから始まり、平安時代には貴族のたしなみとなりました。

後に江戸時代になると庶民文化の中でも重要な役割を果たしてきたようです。

僧侶として法務に参らせていただいると、お香についてとても誤解が多く楽しみ方を知らない方も多く見受けられます。

お香の働きや意味を知って使いこなせると、もっとお香を楽しめるんですよね。

原料の沈香や白檀は本当によい香りがするんですよ。

現代では科学的な合成香料を使った製品が日常の中に溢れていますが、伝統的なお香の香りは本当にいいものですよ。

香木の香りは他に例えようがないんです。

めちゃくちゃ良い香りで、正直言っていいお香の魅力を知らないのはもったいないなと思います。

一口にお香といってもその形はさまざまです。

お香の種類

  • 塗香(ずこう・体に塗る粉末のお香)
  • 抹香(粉末のお香)
  • 線香

このカテゴリーでは仏様に御供えする線香のことはもちろんのこと、各種おすすめしたいお香についてまとめてあります。

ぼくが創香師の岩佐喜雲氏と一緒に開発した塗香OIKAZE〜灯心草〜もぜひご覧いただけたら嬉しいです。

お香ライフの参考にしてみてくださいね。