庭の掃除を大幅に楽にする便利道具まとめ。落ち葉やゴミを効率的に集めよう!

アウトドアで使う道具

こんにちは、お坊さんブロガーのへんも(@henmority)です。

庭の掃除ってすごく時間がかかりますよね。

特にうちはお寺なので面積も広く、掃除だけでもかなりの労力と時間がかかります。

掃除ばかりに時間も使っていられませんし、特に夏の暑い時期は熱中症の心配もありますからね。

できるだけ庭の掃除を効率化できないかと思っていろんな道具を試してみました。

この記事では庭の掃除が大幅に楽になる道具をまとめました!

庭掃除が大幅に楽になる道具まとめ

掃除にはほうきや熊手、ちりとりなどの基本道具ももちろん使います。

その上でこれから紹介する道具を使えば大幅に庭掃除が効率化できますよ!

目次
  1. 防草シート
  2. ナイロンカッター
  3. ブロワー
  4. ガーデンバケツ
  5. アウトドアワゴン

1.防草シート

庭掃除の中でも退屈で大変なのが草抜き。

夏場の草抜きは暑さも相まって大変ですからね・・・。

最初から草が生えにくいようにすることが一番の効率化ですね。

防草シートを施工することで、草が生えてくる量が大幅に少なくなります。

▼ピンを打ち込んで自分で簡単に施工できます。
防草シートを施工しているところ

防草シートを施工したあとは体感的には草の生える量95%カットという感じですね。(壁とシートの間から生えたり、シートの上にのせた砂利の上に生えることがあります。)

防草シートに関してはこちらの記事にまとめています。

2.ナイロンカッター

芝と雑草を手軽に刈れるのがナイロンカッターです。

芝刈りの時には壁や岩のキワまで刈れるし、充電式ならコードもないので取り回しがすごく楽ですよ。

チップソーといわれる丸い刃が回転するものは慣れないと危険ですが、ナイロンカッターなら安全度も高いです。

▼岩に当たっても大丈夫。
ナイロンカッターで岩のキワを刈っている

その分チップソーほどの切れ味はないので、川の土手みたいな本格的に雑草が生い茂っている場所では力不足です。

通常の庭の雑草や芝を刈るレベルなら、パワーと取り回しの良さのバランスが一番優れていますね

3.ブロワー

落ち葉や芝刈り後の芝を集めるのにとても役立つのがブロワーです。

掃除機のように吸い込むこともできますが、実際使う時は落ち葉やゴミを吹き飛ばしながら集めることが多いですね。

熊手が引っかかるような入り組んだ場所や木の枝の下にたまった落ち葉もぶわー!っと取り出せるので掃除効率がすごくあがります。

▼石畳の上にあがった砂利を吹き飛ばすのもほうきより断然早いので庭掃除にはかかせませんね。

4.ガーデンバケツ

集めた落ち葉や草を運ぶために必要なのがガーデンバケツ。

落ち葉や草は体積がおおきいので大容量のものがあると、ちまちま袋詰めするより効率的です。

ただ、このガーデンバケツはいっぱい落ち葉や草を集められていいのですが、満載にすると運ぶのが重いんですよ。

特に水気のある下草を集めたらかなりの重量になります。

そこで、ガーデンバケツよりもオススメなのが次に紹介するアウトドアワゴンなんです。

5.アウトドアワゴン

アウトドアワゴンは本来キャンプ用品などを運ぶための道具です。

アウトドアワゴンの特徴
  • 荷物を軽く運べる
  • 悪路も運べる
  • 剛性も高い
  • 耐荷重も十分ある
  • 折りたためる

このアウトドアワゴンを友人のお坊さんがこんな風に使ってたんですよね。

これは頭が良すぎる・・・

ということでこの投稿を見て以来、庭掃除には欠かせないアウトドアワゴンは庭掃除に欠かせない道具となりました。

庭掃除を大幅に楽にする道具まとめ

庭は放っておくとすぐに雑草や落ち葉で汚くなってしまいます。

掃除が効率的にできると、他の仕事や勉強に使える時間も増えますからね。

使える道具はうまく使って、効率的にキレイな状態を維持しましょう!









自分の命のルーツを知りたくありませんか?

自分のルーツを知りたい・・・そんな思いをお持ちなら、家系図作成のプロに相談してみては?

家樹」では司法書士さんが明治期までの戸籍を整理し、幕末頃までの先祖の情報整理・読み解きを行ってくれます。

家系図の作り方や調べ方なども気軽にLINEで相談できるので、家系図に興味があるなら、まずは家樹に問い合わせてみるといいですよ。

プロが作る家系図【家樹】なら正確な情報が集まる!!相続問題にも対応してるよ!

2017年11月12日

関連記事